家造りをするときに頭に入れておきたいポイントとは

家造りをするときに頭に入れておきたいポイントとは


子供部屋をどのように考えるか

家づくりをするときには、子供がまだ小さい場合子供部屋をどのように考えるかが重要になります。一般的な日本の家庭は、子供が二人います。この場合には将来的に子供がそれぞれ部屋を持つことを考えると、子供部屋を二つ用意しておくことが妥当です。そうすると、4LDKの住宅がよいでしょう。ただ、子供部屋は工夫次第で減らすことも増やすことも可能になります。例えば、3LDKの住宅にしても、一つの部屋を二つに分割できるように可動式の仕切りをつけることで4LDKにすることも可能になります。まだ子供が小さいうちは、可動式の仕切りをオープンにしておき一つの大きな部屋として使い、子供がある程度大きくなれば仕切りをつけて二部屋にすることも可能になるわけです。

窓をどのように配置するか

少し細かいことですが、窓に関しても頭に入れておきたいところです。部屋を可能な限り明るくするためには、多くの窓をつけてオープンな住宅にするのが理想と考えている人も少なくありません。一般的な日本の住宅の部屋では、一つの部屋に2カ所ずつ窓があります。この窓を大きくすれば、採光という意味でも魅力的ですが、その一方で窓を大きくし過ぎることで部屋に物を置くスペースが減ってしまいます。例えばタンスや本棚などある程度背の高いものは、窓のところに置いてしまうと窓がふさがってしまい、採光が不可能になってしまうでしょう。それならば、ある程度窓の大きさを小さくしておくか、天井に窓をつけるなどして工夫をしておくことが重要です。

二世帯住宅とは一つの住宅に対して、二つの世帯が住む住宅のことです。しかし、玄関やキッチンが別々であるなど、お互いの生活が近くなりすぎないように設計されるものが多いです。

Back to Top