賃貸はマイナスを見つけること!危ない住宅の見分け方

賃貸はマイナスを見つけること!危ない住宅の見分け方


マイナス要素を洗い出す

賃貸住宅を探していると、ついつい魅力的な条件ばかりに目が行きがちです。どうせ住むのであれば魅力的な住宅を探したい、というのは当然の思いですが、それと同じくらい危ない住宅を見分けるコツを身につけることも大切なのです。特にありがちなのが、騒音に関するトラブルです。騒音はその住宅自体に問題はなくても、周囲に住んでいる人次第で様々な問題が発生しかねません。例えば、楽器を演奏する人が近くに住んでいる場合、その音が漏れてしまうかもしれません。生活リズムが合わないと、自分が眠っている時間帯に隣の部屋からアラーム音が聞こえてくるかもしれません。実際に住んでみないとわからないこともありますが、何回か気になる物件に足を運んで騒音トラブルがなさそうかを判断することは大切なのです。

生活に支障をきたす問題

特に築年数を重ねている賃貸住宅にありがちなのが、ところどころ住宅が傷を抱えているパターンです。実際に住んでみるとニオイが気になったり、一部床がきしむような音がする、となっては快適に生活できません。また、換気扇の数が足りず、換気がスムーズに行えないためニオイが部屋に充満してしまう恐れもあります。他にも、水圧が弱いと人はストレスを抱えがちです。特に毎日浴びるシャワーの水圧が弱いと、それだけで入浴に時間がかかってしまうため、入浴自体にストレスを溜め込んでしまうという嫌な流れを作りかねません。シャワー室をちらっと確認するだけでなく、実際に水圧はどうかを確認する作業も必要でしょう。

室蘭の賃貸マンションは札幌市や函館市と比べると1DKの間取りが多く、単身者向けになっているのが特徴です。

Back to Top