土地と建物の予算配分は?上手なお金の使い方の基本を知ろう!

土地と建物の予算配分は?上手なお金の使い方の基本を知ろう!


状況によって予算配分は違う

土地と建物のどちらにお金をかけるべきかというのは注文住宅を建てるときにはかなり悩みになる点かもしれません。ただ、明確なガイドラインがあるわけではなく、実際にはどこに住みたいか、どんな家族構成か、どのようなライフスタイルで過ごしていきたいかといった要素によってかなり変わる可能性があるのです。例えば東京都心の一等地に一人暮らしができる小さな家を建てたいという場合には土地代の方がかなり高くなってしまう場合が多いでしょう。逆に田舎に大豪邸を建てて住みたいというときには地価が安いところを選ぶとほとんどの費用が建物代になる可能性があります。設備を充実させるほど建物の方に費用がかかるのも確かなので、配分を考えるよりは合わせて考えるのが肝心です。

土地探しと住宅設計を同時並行で行おう

土地と建物にかかる費用は一緒に考えるようにすれば配分を決めなくても問題はありません。土地探しと住宅設計を並行して行うようにすれば良いでしょう。土地を探してそれに応じて住宅を設計したときに合わせてどのくらいかかるかという考え方で見ていくのが基本になります。予算オーバーなら違う土地を探すか、住宅を設計し直して安くできるようにするという方針を立てられるでしょう。新しい土地が見つかったらまた住宅を考えてみて必要な予算を計算するということを繰り返しているうちに、これが良さそうだというものが見つかります。時間はかかるものの、予算オーバーをするリスクがなくて安心な方法です。

一生のうちで最も大きな買い物と言えば家です。だからこそ、予算は重要ですね。2000万の家と言っても、土地付きでその値段なのか、あるいは土地は別でその値段なのか、消費税込みかどうかも注意する必要があります。

Back to Top