家造りを目指す人必見!おしゃれで快適な家にするポイントとは?

家造りを目指す人必見!おしゃれで快適な家にするポイントとは?


住む人の需要を考えよう

家造りは、人生における大きな課題の一つです。安易な建て替えが難しいだけに、設計はくれぐれも慎重に行う必要があります。昔ながらの日本家屋に多い「客間」ですが、現在の生活スタイルに適しているとはいえません。年に数回、あるいは、数年に一度使うための部屋を設けるのは非効率です。それよりも、住む人の需要を考えましょう。もし、法要などで親戚が集まるときは、料亭などに出向く方法があります。親しい人の訪問なら、リビングに入ってもらうとよいですね。客間を作らなくても十分対応できます。その分、使い勝手のよい生活空間の実現が目指せます。

デザインだけでなく機能性も大事

お気に入りの間取りにすると家への愛着が高まります。おしゃれな家作りを意識することで、贅沢気分も味わえるでしょう。ただし、家を設計するときに機能性を無視することはできません。見た目だけでなく、使い勝手を重視しながら設計する必要があるからです。そのためには、住宅会社や工務店探しが大きな鍵を握ります。契約に際する条件はいろいろありますが、これまでの実績や得意分野などを把握しましょう。

そのうえで将来のことも考えよう

家を建てたときは新築気分が味わえますが、日に日に古くなっていくことを知っておきましょう。デザインにこだわり過ぎると、改修工事に大変な思いをするかもしれません。また、将来を見据えてデザインすることも大切です。家族の人数が変わったときや、身体機能が衰えたときなどに使い勝手が悪くなることも出てくるからです。お気に入りの家で末永く快適に暮らすためにも、家造りは慎重に行いましょう。

建築主の住環境に対する要望を十分に取り入れた設計プランをもとに建築される3000万の家は、生涯に渡って住み続ける憩いの空間として、とても重要な意味をなしています。

Back to Top