自社ビルと比べてどちらがいいの?賃貸オフィスのメリット・デメリットを解説!

自社ビルと比べてどちらがいいの?賃貸オフィスのメリット・デメリットを解説!


賃貸オフィスのメリット

自社のオフィスを賃貸で準備するという企業は多くいます。自社ビルを建てる場合と比べた、賃貸オフィスのメリットはやはり初期費用が大幅に安く抑えられるという点です。賃貸オフィスは毎月の賃料が発生しますが、初期費用が大きく抑えられるため、若い企業など資金の乏しい企業では自社ビルを建てることはそもそも困難です。また、賃貸オフィスであれば会社の規模を拡大した際や、事業環境の変化が発生した際などに、気軽に別のオフィスに移転することが可能です。変化の激しいビジネス環境の中で、柔軟な対応ができるという点も大きなメリットだと言えます。賃貸オフィスの場合は、面倒な建物の管理業務は管理会社が行ってくれるため、業務負担の軽減にもつながります。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスにもデメリットはあります。まず考えられるのは、自社の所有物ではないため、オーナーとの契約によって使用上には制約が発生してしまうことです。自分たちが思い描くようなレイアウトが必ずしもできるわけではないため、窮屈な思いをするかもしれません。当然ですが、賃貸オフィスは自社所有物ではないため、融資を受ける際などに担保として利用することもできません。賃貸オフィスを借りた時の賃料が必ずしも維持されない点にも注意が必要です。入居後にオーナーから賃料の値上げを要求されてしまうことは珍しくなく、賃料の値上がりによって事業計画が狂うこともあります。賃料の交渉が決裂した場合は、別のオフィスを探さなければいけなくなる可能性もあります。

中央区で賃貸オフィスとは、住居用の賃貸物件とは違い、事業を行うためのスペースを賃貸契約を結んで借りるものです。

Back to Top